ペット保険 基礎

ペット保険

▲▲ 愛しいペットの為にまずは行動を! ▲▲

ペット保険基礎知識

ここでは、ペット保険ってどうやって選べば良いのかや費用について等の情報が細かく記載あれています。
ペット保険の基礎となる事ですので、目を通しておいてくださいね。

ペット保険基礎知識エントリー一覧

ペット保険の選び方
ペット保険とは、ペットが万が一病気や怪我等で治療や入院が必要になった時に備える保険の事です。人間の医療保険と同じような感じで考えてもらえれば良いでしょう。ペットは病気や怪我等で、病院へ行っても自費負担で治療にかなりのお金がかかってきます。今では、国からの援助がありますが、少し前の妊婦検診みたいなもので、自費負担になるのでかなりの高額になります。病気や怪我の具合によっては○十万あるいは100万を超える治療費がかかってくる事でしょう。そんな事になると、治してあげたいのに、治してあげれない状況になりペ...
ペット保険の費用について
動物病院へ通うと、自費負担になるのでかなりの負担額になる事から、もしかしたらペット保険も掛け金が高いのではと想像していませんか?私はそうでした。しかし平均でペット保険の費用は月々数千円とそんなに高くない費用で設定されている保険会社がほとんどです。もちろん、ペットの健康状況や加入年齢やペットの種類(小型犬や大型犬)によりますが、そんなに差が無いでしょう。ペット保険の保障内容はいろいろあります。●定率保障型かかった治療費の50%が返ってくる保険です。●定額保障型かかった治療費に対して、決められた規定...
ペット保険の死亡保障
ペット保険にも死亡保障がついています。ペットが何らかの理由で死亡した場合に支払われる保障になります。死亡保障のみを加入するのは不可能で、基本保障の何かにプラスして特約で死亡保障をつける事が義務になります。保険会社によって、保障額が変わってきますので詳しく調べてから加入しましょう。ペットの死亡保障は、ペットが死亡した際に絶対に支払われるものではなく、飼い主の過失や不注意で死亡した場合は支払われません。例えば、伝染病のワクチンを打たずに死亡してしまったペットに対しては飼い主の不注意とみなされ、保証金...
ペット保険の交通事故での保障
ペットも人間と同様で交通事故にあった際に、ペット保険から保険金がおりてきます。交通事故での治療費は高額になり、約40万円くらいかかってきます。脳や、身体の検査の検査料や入院費がとても高くつきます。飼い主が気をつけていれば、ペットも交通事故にあう事は無いと思いますが、不慮の事故にあってしまった場合の事も考えて、ペット保険に加入しておいた方が良いでしょう。交通事故でのトラブルも多いです。例えば、自動車と衝突してしまった場合にペットは『物』扱いとなり物損事故として扱われます。例え、後遺症が残ったとして...
ペット保険加入前検査
ペット保険って、「検査も給付対象になるの?」という疑問が多いです。例えば、何らかの原因でペットの皮膚に湿疹ができてしまったとか、下痢をしょっちゅう起こすとかいった場合は何らかのアレルギーが予測されます。アレルギーの特定には、人間と同様に血液検査が必要となってきます。血液検査といえども、ペットの医療は自費なので高額になってきますよね。もし、検査をした結果に異常がなければ保険の対象にはならず、給付されないペット保険がほとんどでしょう。何も無いにこした事はありませんが、せっかく検査をしたのにせめて半分...
ペット保険に加入するきっかけは?
ペットは小さいうちは元気かもしれませんが、高齢になるにつれて、身体に疾患が出てきたりして、治療費や介護で家計は圧迫されますね。そしていつ不慮の事故にあうかもわかりません。ましてや動物病院は自費負担になるので、ペット保険に加入していた方が安心です。しかし、ペット保険に入るきっかけというものが無い限り、なかなか入る決心がつかない人もいます。ペットを飼っているみなさんは、どんなきっかけでペット保険への加入を決めているのでしょうか。●愛しているから急死してしまえば医療費はかかりませんが、今はペットも高齢...