ペット保険 死亡保障

ペット保険

▲▲ 愛しいペットの為にまずは行動を! ▲▲

ペット保険の死亡保障

ペット保険にも死亡保障がついています。
ペットが何らかの理由で死亡した場合に支払われる保障になります。

 

死亡保障のみを加入するのは不可能で、基本保障の何かにプラスして特約で死亡保障をつける事が義務になります。
保険会社によって、保障額が変わってきますので詳しく調べてから加入しましょう。

 

 

ペットの死亡保障は、ペットが死亡した際に絶対に支払われるものではなく、飼い主の過失や不注意で死亡した場合は支払われません。

 

例えば、伝染病のワクチンを打たずに死亡してしまったペットに対しては飼い主の不注意とみなされ、保証金は出ません。
人間の医療保険や自動車保険でも保険が支払われる際の調査はとても厳しいものですが、ペット保険も同様、しっかり調査が行われます。
ワクチンを打たない飼い主はペットを飼う資格はありませんが、支払われる条件をきっちり確認してから死亡保障を付けると良いでしょう。

死亡保障をつけるとどんなメリットがあるのでしょうか。
ペットも家族の一員なので死亡した時の事なんて考えたくないでしょうが、加入しておいた方が良い事もあります。

 

まず、ペットが死亡した歳に、お葬式を盛大にしてあげたい時はかなりの金額がかかってきますよね。
その為に死亡保険に入っていると安心です。

 

そして、生まれたばかりの子犬をペットショップで買ってすぐ病気になってしまい、ペットショップに返還する時間もなく慌てて病院へ行って治療しようとしたけれども、死亡してしまったが、高額な治療費を請求されたとします。
その場合にペットショップへ問い合わせても、ペットの購入金額しか返金できないと言われる事がほとんどで、治療費は戻ってきません。

 

そこで、死亡保障に入っていると、その保障額も返ってきますので、経済的には少し楽になりますね。
そういったトラブルもありますので、ペット保険に死亡保障をつけておくと、いざと言う時に役に立つ時があります。

ペット保険の死亡保障関連エントリー