ペット保険 交通事故

ペット保険

▲▲ 愛しいペットの為にまずは行動を! ▲▲

ペット保険の交通事故での保障

ペットも人間と同様で交通事故にあった際に、ペット保険から保険金がおりてきます。
交通事故での治療費は高額になり、約40万円くらいかかってきます。

 

脳や、身体の検査の検査料や入院費がとても高くつきます。
飼い主が気をつけていれば、ペットも交通事故にあう事は無いと思いますが、不慮の事故にあってしまった場合の事も考えて、ペット保険に加入しておいた方が良いでしょう。

 

 

交通事故でのトラブルも多いです。

 

例えば、自動車と衝突してしまった場合にペットは『物』扱いとなり物損事故として扱われます。
例え、後遺症が残ったとしても慰謝料等は請求する事ができず、飼い主にとってはとても不憫な思いをする事になるのです。

 

そして、自動車に乗っていた相手の人が動物に関心の無い人ならトラブルになる可能性もでてきます。
自分の車の修理の事ばかりで、ペットの事なんて気にもとめない人が多いのです。
そんな時にモメ事になって精神的にも肉体的にもしんどい思いをするくらいなら、こちらがペット保険に加入していれば、解決する事もたくさんあるのです。

しかし、例外として慰謝料を請求できたケースがいくつかあります。

 

●ペットの犬の死亡事故で飼い主が夜も一緒に寝る程かわいがっていたのに、相手は事故そのものを否認して責任を認めようともしないしいいがかりであると主張するなど誠意が無いとして2万円の慰謝料を請求した。

 

●犬をダンボールに入れて輸送中、日射病で死亡させてしまったケースで、飼い主は子供もなく、子供同様にかわいがっておりこの犬の死亡で相当なダメージを受けた事が容易にわかるとして5万円の慰謝料が認められた。

 

このような例外もあります。
しかし、犬や猫、その他ペットは家族同然なのに物損扱いになるなんてとても切ないですね。

ペット保険の交通事故での保障関連エントリー